公認外部監査人とは!

監査は、一般的には会計監査を指し、業務監査は余り実施されてこなかったのが現状です。しかし、経営環境は複雑になり組織体以外から求められる社会的責務も多くなり、業務監査の重要性が叫ばれるようになりました。しかも、業務監査、経営監査は内部監査であり外部監査は行われませんでした。しかし、第三者の目は重要で経営監査は過去の監査ではなく未来の計画に対する監査も重要性を増してきました。未来の経営監査は、リスク管理そのものでもあります。経営計画、経営戦略、内部統制、ガバナンス、コンプライアンス、リスク管理、財務管理(財務書類の監査及び証明を除く)、人事労務管理、環境保護、個人情報保護等の外部監査が必要な時代になりました。
日本マネジメント団体連合会は、このニーズに対応するために新たな民間制度として同連合会が公認する公認外部監査人制度をスタートさせました。

一般社団法人日本マネジメント団体連合会

  

リスク管理専門員の認定

一般社団法人日本経営学会連合では、リスク管理専門員を認定しています。
認定は、各専門部門に分かれさらに特種、1種、2種、3種に分類されています。
詳しくは一般社団法人日本経家学会連合ホームページをご覧ください。 ↓ ↓

一般社団法人日本経営学会連合

一般社団法人日本経営学会連合

日本ビジネスマネジメント学会

日本ビジネスマネジメント学会

日本経営実務検定協会 

日本経営実務検定協会 

日本マネジメント団体連合会

日本マネジメント団体連合会

日本リスク管理学会

日本リスク管理学会

実践経営学院

実践経営学院

リスク管理専門員の養成講座を開設しています。

テキストのコピーはできません。